包茎手術の悪い商法

包茎手術に関する悪い商法にひっかかったらどうする?

男性のペニスの悩みというのは、時として深刻になってしまうこともあります。
男性としての機能にかかわる問題なので、
下手すると正常な異性関係を結ぶことができなくなってしまう可能性もあります。

こうなっては成人・思春期の男性では、重大な問題ですよね。

しかしこのような男性の深刻な悩みに付け込んで、
不当に利益をあげようとする人も中に入るようです。

特に包茎手術の場合には、包茎手術商法と呼ばれる悪徳商法が出てきていて、問題になっています。

包茎手術商法とは、簡単に言ってしまうと
本来必要のない手術をして、不当に患者に治療費を請求することを言います。

 

また、手術を舌はいいものの相場と比較をすると
不当に高い治療費を請求したりする手法が主力になっているようです。
かなり問題は深刻なようで国民生活センターなどでは
包茎手術商法に対する注意喚起を促しているといわれています。

 

包茎手術商法のパターンとして代表的なのは、
包茎の人を安心させるような言葉を宣伝で使うことが多いという点です。

例えば、年中無休で応対しているというと、
仕事の休みの時に立ち寄りやすいイメージがあります。
また完全予約制といわれれば、だれにもばれることなく治療できるような感じがします。

 

また包茎手術に興味があっても、
実際に一歩踏み込むことができない人の中には、料金がネックになっていることもあるでしょう。
そこで包茎手術商法を行っているクリニックでは
ローンがあることをちらつかせて料金負担の軽い分割払いを認めることを売りにしている場合もあります。

 

仮性包茎の人は、自分で亀頭を外に出すことができるので、問題はありません。
しかし仮性包茎も手術を受けないと大変なことになってしまうといって、
不安をあおるのも包茎手術商法の典型的なパターンといわれていますから、だまされないようにしましょう。