包茎と早漏の関係性

実は結構大事です。早漏になりがちなんです。

ご自身の男性の象徴が包茎である場合には見た目は元より機能性も大きな問題を抱える事になるのですが、特に性交渉においては早漏と大きな関係性があります。

 

早漏とは女性との性交渉で射精に至るまでの時間が一般的な水準よりも早い状態のことを指しており、こちらもまた男性にとっては悩み深いものになるのです。
性交渉で男性器を女性器に挿入した後は一定時間ピストン運動を行うことになり、その際の時間については人それぞれで変わりますが日本人男性の場合は平均でおよそ7分ほど継続すると言われています。

その一方で射精までの時間が非常に短い方も少なからずいるもので、一般的に早漏といわれる方の場合は挿入から30秒または1分以内に射精するケースが当てはまり、ピストン運動の回数で言えば10〜50回ほどで射精にいたる事になります。

 

こうした射精の早さは精神面が原因となることもありますが、包茎の方の場合もまた関係性があるもので、普段から包皮を被った亀頭は外からの刺激に対して弱くなりやすいことから、女性器に挿入した際の摩擦が著しい快感として射精を早める事になります。
こうした作用については医学的には証明されているものではなく札幌市内の病院に訪れても治療の施しようがないのですが、真性や仮性の状態にある方の多くが実感している所となります。

 

では包茎の方が刺激を敏感に感じて早漏の悩みを抱えていた場合には、どのようにして対処すれば良いのでしょうか。

ポイントとなるのは亀頭が受ける外からの刺激に慣れること、で普段の生活で包皮をめくり常に亀頭を露出した状態を維持することにより、パンツ内でこすれた小さな刺激に徐々に慣らすことができて、射精までの時間を少しづつ伸ばすことが可能になります。
また身体を慣らす一方で精神面も関係性がありますので心のケアも非常に大切で、特に女性経験が少ない方が緊張して射精が早まることもありますので、落ち着きを持って行為に至ることもまた重要です。