包茎手術の麻酔について

手術時の麻酔について

包茎手術に興味があっても、実際に受けるまでの勇気が伴わないというケースもあるかもしれません。
特に手術を受けるところがところなので、どうしても敏感に反応してしまうのは致し方ないところがあります。

 

特に心配なのは、手術中に痛みが伴わないのかという問題があるでしょう。
手術をする前に、麻酔を打つので、手術中に痛みを感じることはまずないと思ってもらって結構です。

 

麻酔についてですが、基本的には局所麻酔という方法が用いられます。

つまり手術をするペニスの周辺だけ、感覚を麻痺させて手術を行います。
全身麻酔と比較して、より早く体力の回復を図ることができます。

 

局所麻酔ですが、この麻酔の注射が痛いというふうに感じることもあるかもしれません。
そこで、麻酔の麻酔といいますが、局所麻酔をかけるときに痛みが伴わないように、さらに前段階の麻酔をかけることもあります。
一般的には、軟膏を塗ったり、スプレーをかけることで痛みに対して鈍感にするという処置を行っているクリニックが多いです。

 

 

さらに注射をする場合にも、クリニックでは、いろいろな工夫を行っています。

たとえば、通常の麻酔を打つときに用いられる注射針よりも、さらに細い針を使って、麻酔液を注入することがあります。
注射針を細くすることで、より痛みの度合いを最小限に抑えることができます。

 

また人間には、痛みをより敏感に感じやすいところとそうでないところとに分けることができます
そこで、痛みに対して鈍感なところに麻酔液を注射することで、
痛みを和らげるということを行っているクリニックもあります。

また包茎手術は、時間にして30分程度と、非常に短時間で終了をします。
麻酔が切れる可能性も低いので、手術中に痛みを感じることもありません。

 

→上野クリニックの麻酔についてはこちらにも掲載しています