仮性包茎について

仮性包茎について知っておかなければいけない内容

仮性包茎は特別深刻な問題ではありません。

人によって症状に違いがあり、亀頭の一部だったりすっぽりと皮が全体に被っている人もいます。
これはいつでも自分で剥くことができ、痛みは伴いません。
亀頭を露出できないわけではないのでセックスを行うことはできます。あまり病気だと心配する必要はありません。

 

しかし問題がゼロだと言えないのも確かです。

仮性包茎の場合、普段亀頭に包皮が被っている状態にあります。
こうなると、露出した状態と比べて清潔を保ちづらいのです。

具体的には包皮と亀頭の間に尿が濃縮された「恥垢」と呼ばれる
白いカスのようなものがたまります。このため細菌が繁殖し、
悪臭が発生していしまいます。このことで女の子に嫌われてしまう可能性は言うまでもないでしょう。

さらにこの恥垢を放置すると亀頭包皮炎や尿道感染症、さらには
パートナーの方が性病ににかかってしまう危険があります。
こうなってくると自分ひとりの悩みでは済まされません。

 

仮性包茎の場合、つねに清潔にしておく必要があります。

恥垢をしっかり洗い流すようにすることが大切です。
かならずしも治療をしなくてはいけないわけではありませんが、

このほかにも早漏の悩みを抱えていたり皮が陰毛に絡んで痛みを感じたりなど、
不快に思っている人の多くが実際に治療を受けています。

また、女性にモテない・馬鹿にされるなどのコンプレックスをかかえて
いたり、温泉や銭湯などで同性に見られることが恥ずかしいと感じる人は多く、それが精神的な負担に感じるようです。
たとえ病気ではないとしても治療に踏み切る人が多いのもうなずけます。

 

 

 

 

仮性包茎について知っておきべき事|札幌市の包茎手術病院・クリニック記事一覧

仮性包茎の手術方法|札幌市の包茎手術病院・クリニック

仮性包茎の手術にはいくつか方法がありますが、大きく分けると包皮を切るものと切らないものに分かれます。切らないで治療する場合軽度の仮性包茎であれば切る必要がなく、原因となっている余分な包皮を糸でくっつけるやり方で済みます。これには包皮を根元で固定する方法と包皮に自然なしわをつける方法があります。また包...

≫続きを読む