札幌市包茎手術の出来る病院・クリニック

包茎手術を行った際の副作用や障害について

包茎手術をすることで、包茎を解消したいと思っている人もいるかもしれません。
しかし一方で、包茎手術には副作用をはじめとして
デメリットもあることは、あらかじめ理解をしておきましょう。

いろいろな手術法が包茎手術にはあります。

しかし共通していることは、余ってしまっている皮を切除することで
亀頭がむけた状態を作るというところにあります。

 

この時、切除する皮の量を間違ってしまうと、後遺症が出ることもあります。
勃起をしたときに、どうもペニスのところに突っ張った感じが残ることがまれにあります。
これは、とらなくてもいい皮をとってしまったために
起こった現象ということができるかもしれません。

 

また病気を抱えている人の中には、

副作用のリスクがもともと高い人もいます


例えば、糖尿病の人が包茎手術をする場合には、
医者と十分に相談をしておくべきといえます。
糖尿病の人は、いわゆるドロドロ血液になっていて、
なかなか末梢にまで必要な血液がいきわたっていない可能性が高いです。

 

すると、包茎手術をして、ペニスの周辺の組織にメスを入れても、
傷口がなかなか修復しない可能性があります。
すると、しばらくして、傷口のところが化膿を起こす可能性もあるのです。

 

手術というのには、多少のリスクがあるものです。

ですから、包茎手術を受けることによって
どのような症状が出る可能性があるかということを、事前に確認をする必要があります。
また実際に副作用や後遺症がおきた場合に、
どのような対処をしてくれるのかについても確認をしておきましょう。
そして後遺症の治療については、料金は請求されないのか
どれくらいまで保証をしてくれるのかということについても、確認をしておけば安心です。

これらのリスクが包茎手術にはあります。

オペ・治療を受ける際にはやはり総合病院や大学病院では症例数も少ないですので
年間の手術症例数の多い專門クリニックで手術を受けたほうが安心です。
一度、専門医師のカウンセリングを受けてみるのが最も安全かもしれません。

 

カウンセリングに関しては、
内容や詳細がウェブサイトに掲載されておりますので一度、チェックしてみてはいかがでしょうか?
→カウンセリングに関する詳細ページはこちら