包茎と病気の関係性

包茎に関する感染・病気について知っておこう

包茎手術をすべき理由として包茎の人は、そうでない人と比較して
いくつかの特定の病気に
かかりやすい傾向があることが理由としてあげられます。

 

包茎というには見た目だけの問題ではありません。
一番の包茎であることのデメリットは
不潔な環境からの感染・病気の発症です。

 

「包茎のままでいい」という方も
これらのデメリットだけはしっかりと覚えておくと良いでしょう。

 

亀頭包皮炎

まず包茎の人は、亀頭包皮炎という病気にかかりやすいといわれています。

 

簡単に言ってしまうと、亀頭および包皮のところに、炎症がおこる病気のことを言います。
包皮のところが淡い赤色に変色をするのが特徴的で、
排尿をするときに痛みを感じるのが代表的な症状と言えます。
まれにですが、かゆみを伴ったり、出血を伴ったりすることもあるといいます。

なぜ亀頭包皮炎に包茎の人がかかりやすいかという
恥垢と呼ばれるかすのようなものが包皮の内側のところにたまってしまって
衛生面で悪化をしていることが原因としてあげられます。

亀頭が包皮に包まれているので、毎日身体を洗っていても、うまく取り除くことができなくなってしまうのです

 

尿路感染症

また尿路感染症という病気にかかるリスクも高いです。
尿路感染症とは、尿の通り道のところに細菌が侵入をして、起こす病気のことを言います。
腎盂腎炎や膀胱炎といった病気を引き起こすと考えられています。
特に真性包茎の人は、この病気にかかるリスクが高いといわれています。

 

陰茎がん

また最も怖いのが、陰茎がんにかかるリスクが包茎の人は高いという点です。
文字通り、ペニスのところに発症するがんのことを言います。
非常に珍しいがんで、男性全体でも1%以下の人にしか発症をしません。
しかし包茎の人のほうが、より陰茎がんにかかってしまう可能性が高くなるといわれていますので注意をしたほうがいいでしょう。
病気にかかるリスクを取り除くためにも、包茎手術は必要なのです。

以上の病気に関して、身体の危険性を知っていれば問題はないのですが
少しでも気になるのであれば、
公式サイトに詳細が掲載されておりますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

→詳しくはこちらから